税は財源ではない

「税金は政府の財源ではなく、貨幣供給量を調整する手段である。そして、政府の財政赤字は国民の黒字を生み出す。」

日本の経済成長が30年近く停滞している最も大きな原因は「間違った認識を基にした間違った経済政策」である。もちろん、社会という複雑なシステムにおいて、何かの事象が起きている原因が何かの要素1つだけということは少ない。そのため、少なからず他の原因も要素としてあるだろうし、それらが複合した要素もあるだろう(なので、最も大きな原因と表現している)。

「間違った認識を基にした間違った経済政策」 とはつまり、冒頭で述べたことの逆の、「税金は政府の財源であり、政府の財政赤字は減らさなければならない」という認識(昔の天動説のような間違った認識)によって長年実行されてきた経済政策ということである。

まず、「税金が(政府の)財源ではない。」ことについて考えてみる。
これは考えてみれば当たり前の話である。仮に税金が政府の財源なのだとしたら、日本政府が発足した初期のまだ誰も円を持っていなかったときにどうやって政府支出したのかという話になる。どう考えても政府が円を生み出して国民に供給するのが先である。さらに、仮にこれが正しければある1年の政府の支出の流れは、国民の納税→政府支出となるはずだが、現実はその逆である。政府支出はその1年の中で実行されるが、国民はその1年が終わってから税金を収める(確定申告が良い例)。このように、これらのことを我々は「思い出す」だけで税金が財源ではないことを認識することができる。

次に、「財政赤字は国民の黒字」ということについて。
これはバランスシートを考えれば一瞬で理解できるし、なんならバランスシートなんか考えなくてもすぐ理解できる。例えば、政府が1兆円分の新規国債(赤字国債と呼んでも別にいい)を発行し、1兆円を生み出して政府支出として民間に供給した(支払った)とする。これはそのまま、財政赤字が1兆円増えて民間の黒字が1兆円増えたことになっているわけだから、「財政赤字は国民の黒字」であることがわかる(ほとんど自明である)。逆に言うと、財政が黒字(つまり、政府支出<税収)の場合、民間に供給されている円の量が減ることになるわけだから民間の赤字となる。別の言い方をすると、税金は政府にとっては収入(黒字部分)だが、民間にとっては支出(赤字部分)となる。赤字か黒字かはどちらの立場で考えるかによって逆転する。このようにマクロで考えると一目瞭然である。

「税は財源ではない」「財政赤字は国民の黒字」この2つを理解することが重要である。

総合すると、

  • 政府は国債を発行することで円という貨幣を生み出し政府支出という形で民間に供給する。(ここで税金の話はまだ出てこない)
  • しかし、供給しすぎると流通している貨幣の量が増えて(過度な)インフレを引き起こしてしまうので、税金という手段を使って一部を回収することで調整する。

これが認識としては正しいと考えられる。この認識を共有したうえで経済政策を考え実行すれば、日本は当然のように経済成長するだろう。


参考動画と要点のメモは以下の通り。

(メモ)財政赤字は国民の黒字
  • 一般的には「政府の財源は税と保険料である」と教えられているが、これは完全に間違い。税は財源ではなく、経済の調整手段。政府の財政赤字が国民の黒字を生み出す。
  • お金は誰かが借金をした時にどこからともなくパッと生まれる。
  • 実際に誰かが銀行から100万円借りる時には、銀行はその人の通帳に100万円と書き込んで渡すだけで融資ができる。手元に100万円あろうがなかろうが銀行は100万円の融資をすることができる。
  • 融資をした瞬間にこの100万円という預金通帳の残高が生まれ、いろんなところに使うことができるなる。これが信用創造、新しい通貨の発行という。
  • この銀行業を発明したことによって資本主義は飛躍的に発展をしていくことになる。
    • どういうことかというと、例えば100億円の投資が必要な発電所を作りたいとする。
    • まず銀行が電力会社に融資をする時に100億円をいろんな人から預金として集めて来ないといできないのであれば100億円の設備投資になんてとてもできない。
    • でも、銀行は手元にお金がなくても通帳に書き込むだけで100億円の融資を実行できる。
    • 銀行業を発明したことによってこのような巨額な設備投資が可能になる。
  • この100億円の融資を受けた電力会社は今まで日本国内に存在しなかった100億円を使って従業員に給料の支払いをするということになる。
  • この100億円を使って建設会社にいろんな工事代金の支払いをする。その支払いを受けた会社建設会社は今まで日本国内に存在しなかったお金を手に入れて従業員に給料の支払いをする。
  • このように誰かが借金をすることによって新しいお金が誕生し、それをその会社がいろんなところに支払いをすることによって日本国民の懐にお金が入ってきてそれぞれの預金通常残高が増えていく。
  • 誰かが借金をすることによってお金が誕生し、それを使うことによって国民が豊かになっていくというのが資本主義の経済発展のシステム。
  • 国が国債を発行するという行為も一緒。国が国債を発行すると新しい通貨が誕生し、それを国が財政赤字という形で国民に渡すと国民は黒字になって国民それぞれの預金通帳残高が増えていくというシステム。
  • 誰かの赤字は別の誰かの黒字。財政赤字は国民の黒字。そういうシステム。
税は財源ではない
  • みんなが勘違いしてる。学校でも間違ったことを教えている。
  • 国の行政コストを税で全部賄わなくてはいけない、あるいは年金とかも入れて税と保険料で国の支出は賄わなくてはいけないとみんな思っている、けれどもこれは大間違い。
  • 税というのは後払い。先に税金払ってから仕事をする人はいない。
    • サラリーマンだったら給料もらって、そして給料の中から税金として源泉所得税で天引きされてたりする。とにかく給料をもらってから税金を払う。
    • 事業をしている人だったら1年間で儲かった一部を税として払う。
    • 税金は後払い。
  • 日本国政府が誕生した時に、日本国政府の公務員の給料の支払いとかあるいは物品の調達とかどうやってたんですか。税がないと支払いができないっていうんだったら最初どうやってたんですかという話。
  • 初めにじゃあ皆さんちょっと税金を払ってください、税金払ってくれないと政府の仕事出来ませんと言って先に税金集めたのでしょうか。そんなことない。
  • 政府が行ったのは国債を発行して円を誕生させてそして公務員の給料とかの支払いをし、色んな物品の調達をしてその代金を国民に払うということをした。
  • そして国民は政府からお金をもらってそれの一部を税として政府に払うという行為をしてる。
  • だから順番は逆。政府がまず借金をして国債を発行して通貨を新しく誕生させてそれを国民に財政赤字の形で渡す。そして国民は受け取った通貨の一部を税という形で国に払っているということ。
  • 税というのは財源ではなくて国が発行して国中に流通している通貨を回収する行為。これが税の本質。
  • だから税というのは通貨の供給量をコントロールする手段。
  • これが学校でも間違って教えられてるし新聞とかテレビでも間違って報道してる。経済学者も間違って理解をしている。財務省も間違って理解している。
  • だからプライマリーバランス黒字化目標を達成しないと将来にツケを回すことになってしまうという間違った解釈を国民に向けてしちゃっている。
  • 税が財源ではないないということ、国が国債を発行するという行為は新たに通貨を通貨を誕生させる行為であること、そして国が発行する国債は永久に借り換え続けられるものなので国民に一切負担をさせる必要もないし国債を発行することに対して何ら恐れることはないということ。

タイトルとURLをコピーしました